ウルトラちゃんぽん研究室

洋楽、洋画を中心に様々な情報を紹介

オーシャンズ8本予告が公開!気になるあらすじは?





あの『オーシャンズ』シリーズが帰ってくる!でも8人だけ?


実はこの作品、ジョージ・クルーニー演じる「オーシャンズ」シリーズの主人公・ダニー・オーシャンの妹・デビーが主人公となる、リブート版なのです。主演はサンドラ・ブロック。そして彼女とともに犯罪計画を練る仲間たちを演じるのは、超豪華な女性キャストばかり!






この記事では、そんな『オーシャンズ8』のキャストやあらすじなどの情報をご紹介します。早速、見てみましょう!






「オーシャンズ」シリーズの主人公だったダニー・オーシャン。その妹・デビー・オーシャンが仮釈放されるところから、物語は幕をあけます。


すっかり反省したように見えたデビーですが、そこは「あのオーシャンの妹」。出所した彼女は、早速7人の犯罪のプロフェッショナルに声をかけてゆきます。


彼女たちが狙うのは、ニューヨークで行われる最大級のファッションショー・メットガラ。厳重なセキュリティを破るため、着々と作戦を練るオーシャンたち。果たして、華麗なるファッションの世界で決行される彼女たちの華麗なる犯罪計画とは、いったいどのようなものなのでしょうか?



堂々の主人公・デビー・オーシャンを演じるのは、2015年、ピープル誌が選ぶ「世界で最も美しい女性」で第一位に輝いたサンドラ・ブロック!


1994年の『スピード』でキアヌ・リーブスの相手役として脚光を浴び、『デンジャラス・ビューティー』、『トゥー・ウィークス・ノーティス』などでハリウッドを代表する女優の1人に。『しあわせの隠れ場所』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したほか、『ゼロ・グラビティ』での演技も絶賛されました。


実はジョージ・クルーニーとはプライベートでも親しい友人であるサンドラ。ジョージの演じたダニーの妹を演じる彼女に注目です!



デビーの親友であり、犯罪計画のパートナーを務める事になるルーを演じるのは、ケイト・ブランシェット。


オーストラリア出身のケイト・ブランシェットは、1998年の『エリザベス』エリザベス1世を演じ、ゴールデングローブ賞を受賞。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズでのガラドリエルで世界的な地名度を築き上げます。


その後、2004年の『アビエイター』と2013年の『ブルージャスミン』でアカデミー賞助演女優賞と主演女優賞の両方をそれぞれ獲得。2015年の『キャロル』で演じたタイトルロールでも強い印象を残すなど、演技派女優として広く知られています。



強盗チームが目をつけるのは、1億5000万ドル相当のネックレスです。そんなネックレスを身につける今回のターゲット・セレブリティのダフネ・クルーガーを演じるのは、人気絶頂のアン・ハサウェイ!


2001年、19歳のときに『プリティ・プリンセス』で鮮烈なデビューを飾ったアン・ハサウェイは、『プラダを着た悪魔』で有名ファッション誌「ヴォーグ」の編集長アシスタントを務めて成長してゆく女性を演じ、一躍大スターに。




『ラブ & ドラッグ』や『バレンタインデー』などのラブコメ作品から『アリス・イン・ワンダーランド』などのファンタジー映画にも出演。ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』では髪をベリーショートにしてファンティーヌ役を熱演。アカデミー賞をはじめとした数々の賞を受賞しています。




NN.com
強盗チームの一員となる女性・ローズを演じるのは、ヘレナ・ボナム=カーター。


イギリス出身の彼女は、1986年の映画デビュー作『眺めのいい部屋』での瑞々しい演技がいきなり絶賛。『鳩の翼』や『ファイト・クラブ』でキャリアを築いてゆきます。


その後、『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』や『アリス・イン・ワンダーランド』など、パートナーでもあった奇才・ティム・バートン監督の映画でその個性が炸裂。また、「ハリー・ポッター」シリーズでのエキセントリックな魔女・ベラトリックス・レストレンジ役でも有名です。


今回彼女が演じる役も、エキセントリックな役柄なのでしょうか?気になるところです。


インド系アメリカ人のコメディエンヌ・ミンディ・カリングが、メンバーの一員・アミタを演じます。


彼女はテレビドラマ『ザ・オフィス』などで活躍したのち、『40歳の童貞男』で映画デビュー。また、『シュガー・ラッシュ』や『インサイド・ヘッド』などの声優も務めています。今回、彼女はどんなコミカルな姿を見せてくれるのでしょうか?


また、実力派女優のサラ・ポールソンもタミーという役で参加します。


サラ・ポールソンは、2013年に公開された映画『それでも夜は明ける』やテレビシリーズ『アメリカン・ホラー・ストーリー』などで知られています。特に『アメリカン・ホラー・ストーリー』の演技においてはエミー賞やゴールデングローブ賞にノミネートされるなど、高い評価を得ました。


また、2015年の『キャロル』では、今回ルーを演じるケイト・ブランシェットとも共演しています。



世界的シンガーソングライターとして有名なリアーナも、ナイン・ボールという役で本作に出演します。


リアーナは17歳のときに歌手デビューを果たし、デビューアルバムである「ミュージック・オブ・ザ・サン」は全米で62.3万枚を売上瞬く間に人気歌手となりました。


歌手としてのイメージが強いリアーナですが、実は『バトルシップ』など、いくつかの映画に出演しています。2017年には『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』でバブルというキャラクターで登場しています。


中国系アメリカ人の父と韓国人の母を持つオークワフィナは、女性ラッパーとして活躍する傍ら、ノラ・ラムと言う名前で女優としても活動の幅を広げている話題の人物です。


今回彼女は、コンスタンスという役で本作に出演。女優としての認知度はまださほど高くないものの、最近では全米で大ヒットを記録したコメディ映画『ネイバーズ』の続編・『ネイバーズ2』に出演するなど、今後の活躍にも期待が高まります。


今までの「オーシャンズ」シリーズを踏襲しつつ、新しい物語を展開させる『オーシャンズ8』。


『オーシャンズ8』の日本公開日は、2018年の8月10日になります!今から公開が待ち遠しいですね。